ホーム成分解説 > Q:敏感肌に粘度調整剤ってどうなの?

Q:敏感肌に粘度調整剤ってどうなの?

【敏感肌への安全性】
 個々の成分による

化粧品の成分がお肌に定着することは必須の項目です。お肌から流れてしまうとその効果は、ほとんど発揮できません。そのため、粘度調整剤はほとんどすべての化粧品に採用されています。化粧品のテクスチャーを作る上で欠かせない成分の一つです。

敏感肌が避けるべきなのは、石油由来の合成ポリマーを使用している化粧品です。合成ポリマーは、雑菌が湧きにくく化粧品の質を保つためには非常にいいのですが、敏感肌には刺激になる場合があります。自然由来の粘度調整剤は、雑菌や腐敗の恐れがあるので必ず抗菌剤が入っているものを選びましょう。

抗菌剤もフェノキシエタノールのように敏感肌にとって刺激になるものもあるので、成分は良く見て安全そうなものを選びましょう。抗菌剤は配合が少量なので、使ってみて特にお肌の荒れが起こらないようであれば、継続してみてもいいかと思います。

粘度調整剤の配合目的

化粧品のテクスチャーに粘り気を持たせるために配合されています。

  • 化粧品が肌に定着するように、サラサラとした成分に粘り気を持たせてお肌に定着させます。
  • 保湿効果のあるものや抗菌作用のある成分もあります。

粘度調整剤 代表的成分

デキストリン
【安全性:●●●
でんぷんを原料とする粘度調整剤です。乳化安定剤としても使用されています。お肌への成分の吸着率を高める役割をしています。食品にも使用されているので、敏感肌にも安心してお使いいただけます。
キサンタンガム
【安全性:●●●
でんぷんを原料とする粘度調整剤です。保湿効果も高いので、化粧品にもよく使用されています。敏感肌にも安心して使用できます。
BG
【安全性:●●●
保湿剤としても使用されている成分です。元がアルコール系の成分であること、精製の際に石油由来の成分を使用していることの二点から、敏感肌の方はお肌の乾燥を感じる可能性もあります。
カルボキシメチルセルロース
【安全性:×××】
合成ポリマーです。敏感肌の方でニキビがある方は、毛穴がふさがりやすくなるので避けたほうがいいでしょう。自然由来の成分と違って腐敗しにくく、雑菌もわきにくい点は非常にいいと思います。
ボリビニールアルコール
【安全性:×××】
こちらも合成ポリマーなので、お肌をぴったり覆ってしまいます。敏感肌の方は避けたほうが無難でしょう。

このページのトップへ

ホームへもどる

美容ライター
マイコのプロフィール

吹き出物がひどく、自分は敏感肌と思ってあきらめていました。原因は乾燥だったのです!敏感肌の解決には「しっかりとした保湿+補修」がカギであると自分の肌を通して知りました。それを知ってから、トラブルがウソのように消えたのです!30代になった今は、アンチエイジング効果がある敏感肌コスメを研究中です。化粧品会社勤務経験あり。
>> 私の採点の根拠・敏感肌についての
考え方

敏感肌向け化粧水
一番人気お試しセット

超乾燥肌向け化粧水 小林製薬ヒフミド 今ならポート付き 980円(税込・送料無料)

敏感肌 化粧水
売れてる商品

リペアジェル

100%天然由来
敏感肌の救世主

リペアジェル

敏感肌には救世主的コスメ。植物から採取したアミノ酸、ビタミンCのみを使用した100%天然由来コスメ!

ヒフミド

お肌が必ず蘇る化粧水

ヒフミド

人の細胞内に元々含まれているセラミド等の成分が豊富なため、敏感肌のハリ・ツヤがしっかり蘇ります。

アスタリフト

お肌の老化を防止する
富士フィルムの化粧水

アスタリフト

強い抗酸化作用を持つアスタキサンチン配合で、紫外線で老化した肌を修復。但し、配合保存料が多いです。

アスタリフト

「敏感肌の性質が良く分かっておられる!」化粧水

dプログラム

肌の水分を奪う濃グリセリン、石油由来のBGが惜しいが、保湿剤が複数入っている=様々なタイプの敏感肌の乾燥を防ぐことができる!

アスタリフト

界面活性剤不使用な点は安心

ファンケル

合成ポリマーが配合されているので吹き出物ケアには向きませんが、界面活性剤不使用なので乾燥性の敏感肌にも安心。

お得なお試し
セット一覧

980円~お試しできます♪

敏感肌化粧水 悩み別
おすすめ商品

ぶった斬られた
化粧品一覧

マイコがお肌の悩みや
成分について解説